私と音楽 − Bang & Olufsen編 −

このブログでは、いつもアクアや猫の記事に私が選曲した音楽をお付けしてご紹介しておりますが、私は音楽がとても好きです。
では、そんな私は普段どのような機器で音楽を聴いているのか。この記事では私が使用しているオーディオについて語ってみたいと思います。

今回は、水槽部屋に置いているオーディオをご紹介致します。

img_8513

デンマーク「Bang & Olufsen (略称:B&O) 」社のオーディオシステム
「BeoSound 5」とアクティブスピーカー「BeoLab 8000(アナログアンプ版)」
(アクティブスピーカーというのは”アンプ”が内蔵されたスピーカーのこと)

大変恐れ多いことですが
このたった2つのセットだけでフルADAで180cm水槽を立ち上げて
さらにお釣りがくるほどのお値段です。

もちろん、私が自身のお財布を開けて購入した物では無く、
数年前に逝去した叔父の遺品として譲り受けたものですのでご安心下さい。
(なにをどう安心するのかは分かりませんが…)

beosound9000_7

そのBang & Olufsenのオーディオですが
最大の特徴の一つは何と言ってもその高度に洗練された
極めてエレガントなデザイン性にあると言えます。

それ故、B&Oの製品は昔からインテリア雑誌等でも頻繁に紹介される為
オーディオに興味が無くとも知っているという方も少なくないのではないでしょうか。

写真の6連奏CDプレーヤー「BeoSound 9000」も
今は廃番となってしまいましたが、長らくB&Oを代表する製品として
かつては多種多様なメディアに紹介され、多くの人達を魅了してきました。

《参考までにB&Oの製品は、プレーヤー製品を「BeoSound(ベオ・サウンド)」
スピーカー製品を「BeoLab(ベオ・ラブ)」として区別しています。》

BangEarphonesA8(AluminumBlack)460110_2

私もインテリアと音楽との両方に興味がある身としては
ご多分に漏れずB&O製品には多大な興味を持ち
学生時代は幾度となく秋葉原と表参道のショールーム(現在はどちらも閉店)に
足を運んではその美しいデザインにため息を漏らしたものですが
B&Oのスピーカーやオーディオシステムはどれも学生に買えるような値段ではなく
何度訪れようが指をくわえて眺めるだけ。
当時は写真のイヤホンを買うことが精一杯でした。

このようにB&Oの製品は兎にも角にも
「高価」であるということも大きな特徴の一つなのですが
購入したイヤホンは、10年以上使っても音の出る部分はモチロン
各個人の耳の形に合わせて調整するための構造が
頻繁に動く部分であるにも関わらず少しも緩くなること無く
その品質の堅実性に大いに驚嘆させられました。

beosound-5-bang-et-olufsen-1

一方、現在私が水槽部屋に”置いている”「BeoSound 5」は
上記の「BeoSound 9000」が廃盤となった後に
CDに変わる次世代の音楽プレーヤーのフラグシップとして登場した製品で
付属のHDDにPCで読み込んだ音楽ファイルを溜めて
写真の液晶モニターとアルミの円盤が一緒になった操作盤を介して
曲を操作・選択して再生するといういわゆる「デジタルオーディオ」です。

円盤を回して曲を検索するという操作は一見
米Apple社の「iPod」のクリックホイールの模倣のように思えますが
実際に触ってみるとそのしっとりと上品な操作感はiPodのそれとは一線を画す
優れたコンソールであることが操作する指先から伝わってきます。

beosound5_3

この、「CDプレーヤー」に代わり登場した「デジタルオーディオ」なるもの。
”物理的に回転する円盤にレーザーを当ててデータを読み取る”という方式に代わり
”データをHDDに保管してデータそのものを無駄なく再生する”という方式はなるほど理に叶っているようで
同じスピーカーを用いて実際に検証を試みてみましたが
少なくとも従来のB&O製品のCDプレーヤーと比較した場合
音質は格段に良いものであるように感じました。

ただし、デジタルオーディオのデータというものは
PC側で行う「リッピング」作業の際に用いる再生機器やソフトによって
音質が大きく変わってしまうのが悩みどころでもあります。

bang-olufsen-beosound-5-encore-131169593460

また、同製品は取り込んだ音楽ファイルの再生の他にも
「インターネットラジオ」を聴く事も出来ます。

インターネットラジオは、世界中に何千とある放送局の中から
自分の好みの曲を流している局を選択して聴くことができます。

HDDの中の曲にマンネリを感じたときなどにとても便利ですが
近年は曲と曲の間にスポンサー企業のCMが入るようになり
観賞中に雰囲気が崩されてしまい、少々残念な思いがしております。

ba

さて、そんな圧倒的な存在感と美しさを備えたB&Oのオーディオシステム。

お値段の敷居の高さもさることながら
製品自体もごく限られた専門店でしか扱われておらず
おいそれと近所の家電量販店などで試聴することも叶わないため
HPなどの宣伝イメージから繊細で高級感のある音を頭の中で想像するだけで
実際にはどのような音がするのかよくは知らない方が多いのではないでしょうか。

私個人の感想を端的に述べさせて頂くと、B&Oのスピーカーから出てくる音は
良い面を言えば「繊細で上品」「透明感のある澄んだ音
悪い面を言えば「音に厚みや暖かみが無く硬く人工的

そして、残念ながら私には
総じて悪い面の方ばかりが大きな印象として感じられて仕方ありません。

Bang & Olufsen BeoLab 12 Speakers Series

そのように感じる理由の一つとしまして
B&Oの製品には削りだした無垢のアルミニウムを使用することが多く
またそれがB&O製品の一つの象徴ともなっておりますが

この美しい白銀色の素材は、
見る者に洗練された美やエレガントな印象を与える一方で
反響する音の響きはどうしても硬いものとなってしまいます。

それ故に、B&Oのスピーカーは同じ鉄素材でできた弦を鳴らすピアノや
パイプオルガンなどの金属を鳴らす楽器の”高音域”の再生に関しては
多少の魅力を発揮するようにも思いますが
人の肉声(ヴォーカル)やそれに近い音の周波数を持つと言われる
ヴァイオリンなどの弦鳴楽器の再生には向くようにはあまり思えません。
(もちろん製品の素材のせいだけの音質ではないとは思いますが…)

beolab8000_7

こと、私や前所有者の叔父のように音楽の鑑賞において
楽器よりむしろヴォーカルや言語の韻律を楽しもうとする人間にとっては
B&Oの音作りはあまり共感できるものではなく

事実、叔父はこのB&Oのオーディオシステムと
同じくらいの価格帯のピュアオーディオのセットも所有し
それぞれ別の部屋に置いて使用しておりましたが
「B&Oで音楽を聴くことはほとんどなくなった」と口にするまで
それほど長い月日は要しませんでしたし

私も譲り受けて自宅でじっくり聴いてみたものの、
これほどの上位システムであるにも関わらず感心することは出来ず
今や水槽のメンテナンスをするときにかけるBGM
または、にゃんこたちが寝るときに
静かな音楽を流してやるくらいにしか使用しておりません。

www.theblackpapillon.com-BEOLAB-9-BANGOLUFSEN-3

…というわけで、少々手厳しい意見かも知れませんが
B&Oのスピーカーは、10万の製品だろうと50万の製品だろうと
パソコンかTVに繋げてネット動画や映画・ゲームの音を少し贅沢に楽しむ
或いは、人の往来が激しい雑多なカフェの店内で
少し質の良い音でBGMを流すために使用するのが関の山で
芸術として音楽を観賞する為に使用するには「役者違い」というのが私の意見です。

beolab5_10

また、最上位のラインナップになりますと
スピーカーだけで100万円、250万円という製品もあり
こそちらこそが真骨頂であると主張する人もいるようですが
価格がまったく一般的ではありませんし
そもそもその価格帯を視野に入れるならば
他のスピーカーブランドでも同じかそれ以上に
素晴らしい音を奏でるスピーカーの選択肢が当然あります。

ましてやそれだけの価格となればスピーカーだけでなく
高品質のピュアオーディオがセットで揃えられてしまいますので…
私なら迷わずそちらを選びます。

frontpage-beovision-avant-tv-4k

以上、飽きなく「美」を追究する北欧のオーディオブランド
「Bang & Olufsen」をご紹介致しました。

後半、音に関して少々辛口の意見を述べさせて頂きましたが
音の好みは実に千差万別、人それぞれ趣味が異なりますので
あくまで私個人の意見として参考程度に考えて頂ければと思います。

また、そのような音の好みは別として、
製品の優れた「デザイン性」は高く評価に値するものだと思います。

”インテリアにこだわりつつそこに美しくオーディオも置きたい”
という方は購入をご検討されるのも良いのではないでしょうか。

 

 

【本日の音楽】

Franz Liszt – Paganini Etude S.161 No.3 “La Campenella”

私と音楽 − Bang & Olufsen編 −」への12件のフィードバック

  1. ついに来ましたB&O!
    しかしこんなに深い内容で来るとは…
    コメントするかどうか暫し考えてしまいました。(笑)

    正直申しまして話の中身を十分に理解することは出来ませんでしたが
    (B&Oがとても美しいということだけは私でも分かりました)
    このように普段関わることのないものと出会えるのも
    デロ先生のブログの楽しみの一つであります。
    思い返せばこれまでも色々なことを学ばせて頂きました。
    「音楽」はもちろん「ソフナイザー」や「RO水」「とびっこ」etc…

    今後も気分が乗った時には、NAや猫ちゃん以外の記事でも
    バンバン更新お願い致します♥
    (ちなみに猫ちゃん達はお元気ですか?)

    • >まろぼっくり殿
      お待たせ致しました(笑)
      記事が思いの外長くなってしまったので
      全体の調整にかなりの時間が掛かってしまいました。

      私のこのブログ、
      相変わらず楽しんで頂けているようで嬉しく思います。
      (とびっこの言い出しっぺはゴルゴさんですので…(^_^;))
      音楽にご興味を持たれたならいつか少し良いオーディを
      買うことが出来たら良いですね。

      次回は私が愛する、そしてお奨めする
      自室のオーディオをご紹介したいと思いますので
      お楽しみに。

      P.S.
      ねこちゃんの近況はお話しした通りですが
      今回の敵は1匹でもかなり強敵だったようで
      小茶はストレスからか「ハゲ」が出来てしまい
      茶白は何日も帰らず警備をして体重が激減…
      この週末からやっと通常生活に戻った感じです。

  2. ところで

    今回はかなり重要なはずの「オススメ音楽」が見られません!
    『この動画は非公開です』だそうです。
    気になるじゃないですかっ(>д<)ノ

  3. おかげさまで

    動画、再生出来るようになりました!
    なるほどこの記事にこの音楽ですか。
    お洒落過ぎて憎たらしい~っ(>д<)ノ(笑)

    • >まろぼっくり殿
      まろさんのコメントを読んで
      「いけね!動画”公開”にするの忘れた!」と思い
      慌ててYOUTUBEの管理画面を開くも
      何故か既に「公開」になっていました…

      私は著作権がある動画は「限定公開」に設定するのですが
      何故かステータスは「公開」に…

      どうやら、私のYOUTUBEアカウントは
      誰かにハッキングされているようですね(笑)

  4. 申し訳ございません!今まで一回もおすすめ音楽、
    聞いたことありませんでした!
    まぁ、今回も聞いてませんが・・・・
    しかし、めちゃかっこいいオーディオですね~
    値段もすごいんですね~~

    お恥ずかしいですが、わたくし、何かにこだわりがある
    とか、「これは人に負けないぞ!」と言えることがなく
    とかく、音楽等、芸術にはうとくて・・・

    でも・・・・デロルーさんのことが・・・
    少しでも知ることができて・・・・・う、うれしい!!恥ずかしい!!

    • >golgo1300さん
      ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!
      い、一度…も…?

      …そ、そうですよね。
      音楽といっても好みもいろいろありますし
      音楽にまったく興味がない人だっていますよね。

      それに、たとえゴルゴさんに興味が無くても
      いつの日にか施工主さんとの会話などに出て来て
      お役に立つ日が来るかもしれませんしね…

      でも…でも…
      ゴルゴさんの(>ω<。)パカパカパカー!!!!

  5. コメントへのこだわりは
    誰にも負けてないですよね
    ゴルゴさんて♥
    (そろそろ縦読み来るかしらウフッ)

    • >匿名係長さん
      特にお返しする内容がないので代わりに
      今月のデロルー流行語大賞を発表致します。
      今月の流行語大賞は「ちゃんぷるー」です。

コメントは受け付けていません。