追記(その1)お別れ会

去る9月28日
天野さんの「お別れ会」に参加しました。

IMG_3360

当日は平日だったため当初は諦めていたのですが
時計の針が進むにつれ、矢も盾も堪らなくなり
職場を飛び出して新幹線に飛び乗ってしまいました。

朱鷺メッセでは、4階の部屋に設置された大きな祭壇の中央に
天野さんの遺骨と遺影が置かれており、そこで献花をしましたが
遺骨が納められた小さな箱と遺影を見上げると
まるでそこに天野さんご本人がいて
本当にお別れの意志疎通ができたような不思議な気持ちになり
「最後にお会いすることができた」「来て本当に良かった」と強く思わされました。

banner_origin_of_creation

その翌週
再び新潟入りし、最後の写真展『創造の原点』を拝見して参りました。

会場は、前回の大きな規模の写真展とは対照的に
小さく静かな佇まいの会場でした。

チケットを買って中に入ると、最初の部屋の中央の柱の横に
主を失った巨大な大判カメラと三脚が寂しそうに置かれておりました。
天野さんの経歴が記されたパネルの最後には「永眠」の文字が見えました。

そして、展示された写真を観て回っていると
すぐ目の前に写真の説明をして下さるかつての天野さんの姿が浮かび上がり
涙が溢れるのを抑えることはできませんでした。

IMG_0920

翌日
新潟入りした2日間はADAギャラリーは閉館日でしたので、
代わりに朱鷺メッセの水槽を見に行きました。

「お別れ会」の時にはこれまでで一番と言えるほど美しい状態でしたので
是非とも写真に残そうと思い訪れましたが
残念ながらばっさりとトリミングされてしまっておりガッカリ。

動画も撮りましたのでよろしかったらそちらもご覧下さい。

IMG_0929

「お別れ会」で来場者に配布された
天野さんのバイオグラフィーが記された本。

本日より一般販売が開始されたようです。